掲載物件数No.1 賃貸オフィス情報サイト オフィシル

レイアウト

2016.06.22

意外と知らないインテリア!正しい「オフィス家具」の選び方

 意外と知らないインテリア!正しい「オフィス家具」の選び方

これから起業を考えている方、オフィス開設の準備をされている方、正しい「オフィス家具」の選び方をご存じでしょうか?オフィスは長時間働く場です。快適に仕事を続けるために、特に机や椅子といった「オフィス家具」選びは慎重にしたいものです。しっかりレイアウト設計をした上で、正しい「オフィス家具」を選ぶようにしてくださいね。

オフィスインテリアにおける家具の需要性

オフィスインテリアにおける家具の需要性

企業の顔ともいえるオフィス空間は、企業のイメージの一部です。
当然のことながら、オフィス家具も企業イメージを形成する重要なアイテムのひとつです。一つ一つの家具が企業のイメージとマッチしていることが望ましいですね。
また、長時間働く人にとって、家具は使い勝手の良い、身体に負担の少ないものを選ぶことも大切です。個人が使う机や椅子が身体に合っていないと、ストレスを感じ、生産性や健康面にも大きな影響を与えてしまいます。
オフィスでの生活環境を豊かにし、働く人のモチベーションが上がるような家具を選ぶことが重要です。

オフィスの机の選び方

オフィスの机の選び方

オフィス机選びのポイントは、まずデスクスペースの確認です。何台のデスクが必要なのかも明確にしておきましょう。その上で、デスクの幅、奥行きサイズの確認をします。
デスクの幅は80cm~180cmまであり、PCを使う場合は120cm~140cmが一般的なサイズです。奥行きは60cm、70cm、80cmの3種類があり、主流は70cmです。PCが液晶の場合は60cmでも十分なスペースがあります。
デスクが大きいほど作業しやすいと思いがちですが、必要以上に大きいデスクを置くと、オフィス空間が狭くなり、通路が確保できなくなることもあるので注意してください。
また、デスクの色は意外にオフィスのイメージを左右するものです。オフィスのイメージに合ったものを選んでくださいね。

オフィスの椅子の選び方

オフィスの椅子の選び方

オフィス用チェアーには様々な種類があり、迷ってしまうほどです。
シンプルなキャスターと回転機能だけを付けた安価なものから、身体への負担を緩和するため、人間工学に基づき作られた長時間の使用に耐えられるチェア、機能性プラス外観の重厚さも重視した高級チェアなど、タイプも色々です。
背もたれ部分も、ローバック・ミドルバック・ハイバック・ヘッドレスト付きなどから選べます。素材も、メッシュ・革張り・布張り・ビニールなどがあり、色も豊富。アームレストが付いたもの、付いていないものもあります。アームレストは狭いオフィスでは邪魔になることもあるので注意しましょう。
仕事の内容や座る時間を考慮して、いちばん合うチェアーを選びたいですね。座り心地は実際に座ってみて確認しましょう。

オフィスの応接セットの選び方

 オフィスの応接セットの選び方

応接室の応接セットは、来客のイメージを左右する大切なアイテムです。見た目や居心地の良さも重要になりますね。
ソファや椅子が2~3とセンターテーブル1がセットになっているのが普通で、応接セットを置く場合、2坪弱のスペースが必要ですが、広めに置く場合にはその倍の4坪必要です。
応接セットはオフィスのスペースに合わせて選ぶようにしましょう。狭いスペースに大きな応接セットを置くとバランスが悪く、かえって不自然になってしまいます。
素材も合成皮革・布張り・人工皮革・本革張りとあり、価格も様々です。素材や色、デザインは応接室の内装に合ったものを選ぶようにしましょう。
ソファなどの大きなものは、搬入間口の確認も忘れないようにしてくださいね。

仕事を効率良くスムーズにこなすためにも、オフィスのイメージアップのためにも、オフィス家具選びは大切です。また、オフィスを拡張することも考慮に入れ、なるべく無駄がないように補充できるものを選ぶようにしたいですね。自社にとってベストなものを正しく選ぶためには、オフィス家具の種類や機能を知ることも大切。実際に目で見て、座ってみて判断するようにしてくださいね。


賃貸オフィス総合情報サイト「 officil 《オフィシル》」は、都内ビル物件情報の掲載数はNo.1!
サイト概要(サービスの流れ)
賃料10%キャッシュバック! · ご成約するまで完全無料! · 実績多数のスピード対応!
オフィスをエリアから探すオフィスを路線から探すレンタルオフィスから探す

2016.06.22

474

宮崎 悠

■この記事に関してのご質問・ご意見はこちら support@officil.com