掲載物件数No.1 賃貸オフィス情報サイト オフィシル

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスは椅子・机が準備されたワーキングスペースだけでなく、
インターネット環境やコピー機などの情報機器なども準備された事務所で、
通常の賃貸オフィスよりも安いコストで借りれて、直ぐに利用することが出来ます。

レンタルオフィスの種類と各メリット

タイプ レンタルオフィス シェアオフィス サービスオフィス バーチャルオフィス
特徴 椅子・机・通信環境などのオフィスに必要な基本的な環境が準備されており、利用者毎に個室などで専有のスペースが提供されるオフィスの総称。
個人事業主や起業家などの利用者が多く、起業家オフィスとも言われる。
レンタルオフィスの形態の一つであり、レンタルオフィスと大きく異なるのは、利用者毎に個室やパーティションで区切られた独立した空間はなく、ラウンジやカフェのような開かれた空間が提供されるオフィスの総称。
コワーキングスペースとも称する。
レンタルオフィスのようにワークスペースや情報機器だけのサービス提供でなく、来客用会議室の共有施設を保有し、受付・電話対応や秘書サービスなどの人的な高付加サービスも提供してくるオフィスの総称。
一等地のオフィスビル内に構えられる事が多い。
実際にあるオフィスビルには入居せず、その場所にオフィスが在るかのように、住所や電話番号の貸出、電話対応や郵送物の転送などを行ってくれるサービス。
会社が地方にあり、顧客が都心部に集中してる場合、迅速な顧客対応が出来るように、バーチャルオフィスを活用することが多い。
メリット 通常の賃貸オフィスは敷金・保証金や内装費など初期費用が高くなるが、レンタルオフィスはそれらの初期費用が安く抑えられ、個人・法人でも即日オフィスとして利用することが出来る。 通常のレンタルオフィスに比べて、時間帯や日単位でのサービス利用など、オフィスの利用方法が幅広く柔軟に提供されている。
また、様々な専門知識を持つ他の利用者とのワークスペースを共有するので、利用者同士での協力や助け合いでビジネスチャンスが広がる可能性もある。
賃貸オフィスで借りるよりも安価で一等地のオフィスビルに会社を構えられ、会議室やラウンジなどの施設が優雅で上質な空間が提供されるため、お客様に好印象を与えられ、信頼を得られやすい。 一番のメリットは実際にオフィススペースを確保するわけではないので、保証金や月額の利用料などを大幅に抑えられるコストダウン。
また電話・FAXや郵便受取の代行もしてくれるので、自宅で作業しながら都心にオフィスを構えてるかのような対応が出来る。

特徴

レンタルオフィス
椅子・机・通信環境などのオフィスに必要な基本的な環境が準備されており、利用者毎に個室などで専有のスペースが提供されるオフィスの総称。
個人事業主や起業家などの利用者が多く、起業家オフィスとも言われる。
シェアオフィス
レンタルオフィスの形態の一つであり、レンタルオフィスと大きく異なるのは、利用者毎に個室やパーティションで区切られた独立した空間はなく、ラウンジやカフェのような開かれた空間が提供されるオフィスの総称。
コワーキングスペースとも称する。
サービスオフィス
レンタルオフィスのようにワークスペースや情報機器だけのサービス提供でなく、来客用会議室の共有施設を保有し、受付・電話対応や秘書サービスなどの人的な高付加サービスも提供してくるオフィスの総称。
一等地のオフィスビル内に構えられる事が多い。
バーチャルオフィス
実際にあるオフィスビルには入居せず、その場所にオフィスが在るかのように、住所や電話番号の貸出、電話対応や郵送物の転送などを行ってくれるサービス。
会社が地方にあり、顧客が都心部に集中してる場合、迅速な顧客対応が出来るように、バーチャルオフィスを活用することが多い。

メリット

レンタルオフィス
通常の賃貸オフィスは敷金・保証金や内装費など初期費用が高くなるが、レンタルオフィスはそれらの初期費用が安く抑えられ、個人・法人でも即日オフィスとして利用することが出来る。
シェアオフィス
通常のレンタルオフィスに比べて、時間帯や日単位でのサービス利用など、オフィスの利用方法が幅広く柔軟に提供されている。
また、様々な専門知識を持つ他の利用者とのワークスペースを共有するので、利用者同士での協力や助け合いでビジネスチャンスが広がる可能性もある。
サービスオフィス
賃貸オフィスで借りるよりも安価で一等地のオフィスビルに会社を構えられ、会議室やラウンジなどの施設が優雅で上質な空間が提供されるため、お客様に好印象を与えられ、信頼を得られやすい。
バーチャルオフィス
一番のメリットは実際にオフィススペースを確保するわけではないので、保証金や月額の利用料などを大幅に抑えられるコストダウン。
また電話・FAXや郵便受取の代行もしてくれるので、自宅で作業しながら都心にオフィスを構えてるかのような対応が出来る。

レンタルオフィスの料金体系

項目 内容
初期費用 通常の賃貸オフィスは初期費用として、保証金や敷金が月額賃料の約10ヶ月分などかかり、大きな負担となりますが、レンタルオフィスの保証金は通常1〜6ヶ月分の月額賃料となる。
入会金などの費用も初期費用に含まれる場合もある。
月額賃料・
共益費
基本的なランニングコストとして、月額の利用料と共益費が必要となる。
ワークスペースの利用料だけでなく、水道・光熱費や各種施設やオフィス家具の利用料、受付サービス代や通信費、清掃費などが基本的に含まれている。
有料サービス 月額賃料や共益費のランニングコストに費用をプラスすることで、自社専用の電話回線やロッカー、弁護士などの専門家サポートなどのサービスが受けれる。
契約期間 契約期間も賃貸オフィスとは異なり、最短で1日からでも利用出来る場合もあるが、基本的には1〜3ヶ月以上の期間での利用契約となる。
契約期間に応じて、初期費用などの金額も変わってくることがある。

レンタルオフィスで受けられるサービス

  • 来客の対応や郵便物受取や保管が可能

  • 共有施設として準備された会議室が利用可能

  • お客様専用の電話・FAXの回線を引くことが可能

  • 共有のコピー・プリンターの機器を利用可能

  • 共有のwi-fiなどでインターネット接続可能

  • ICカードなどで部屋の入退出可能

  • オフィスの入退出含む利用が24時間可能

  • お客様専用の郵便ポストが利用可能

  • 入居時に完備された椅子と机が利用可能

  • お客様専用の荷物置きロッカーが利用可能

  • 会社の所在地として住所を登記可能

  • 電話やお茶出しなどの代行サービスが利用可能

※運営会社や各レンタルオフィスで料金体系やサービス内容は異なりますので、
詳細はお問い合わせの上、ご確認してください。