【横浜旧市庁舎跡】(仮称)横浜市旧市庁舎街区の賃貸オフィス募集中【再開発】

閲覧数:156     更新 2024年1月18日更新

【2025年12月】横浜旧市庁舎跡地に新築オフィスビルが誕生します!

JR「関内」駅前に「横浜市旧市庁舎街区活用事業」として、旧市庁舎行政棟を保存・活用し、横浜の歴史や文化を継承した、「新旧融合」の新たな街が2026年春グランドオープン致します。

その中でも、オフィス棟は2025年12月に一足早く竣工される予定です。

何と地上33階建て、基準階面積約700坪(分割相談可)と、横浜全体でも最大級のオフィスビルとなります。

竣工まで2年を切り、賃貸オフィスの募集がスタート致しましたので、本記事にてその魅力をご紹介させて頂きます。

■オフィスフロア
16F~24F 672.76坪
25F~33F 705.13坪
※分割もご相談可能です(186坪・186坪・302坪の3分割)

諸条件等、詳細は下記にてお問い合わせください。

■お問合せ
株式会社クイックコンサルティング
取引態様:媒介 国土交通大臣(3)第7938号
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-8-16 ぶよおビル5階
八木 憲政
TEL:03-5201-8040
FAX:03-5201-8041
携帯:080-5681-4212

※お問い合わせの際は「オフィシルマガジンを見て」とお伝え下さい。

外観パース※(仮称)横浜市旧市庁舎街区公式パンフレットより

ロケーション

JR・地下鉄が通る「関内駅」から徒歩1分、改札からオフィスエントランスまではなんと100m以内と抜群の立地を誇ります。
3駅3路線利用可能なので、都心部・空港・新幹線へのアクセスも非常に優れています。
また、当物件のすぐ隣には「ハマスタ」の愛称でお馴染みの「横浜スタジアム」もあるので、より一層街に賑わいが広がりそうです。

地図及びアプローチ図※(仮称)横浜市旧市庁舎街区公式パンフレットより

オフィスフロア

当物件の基準階は、約670坪~約700坪と関内エリアでも最大級で、186坪・186坪・302坪の3分割もご相談可能です。
11F以上のオフィスフロアは周囲に景色を遮るものが無く、360°横浜の景色が一望できます。

もちろん、ビルスペックも最高水準となっております。

基準階間取り図及び設備※(仮称)横浜市旧市庁舎街区公式パンフレットより

室内イメージ等※(仮称)横浜市旧市庁舎街区公式パンフレットより

執務室からの眺望(18F相当)※(仮称)横浜市旧市庁舎街区公式パンフレットより

スカイロビー

11Fのスカイロビーは横浜の街並みを一望でき、上質で心地の良い空間となっております。
また、ラウンジも設置予定でワーカー同士の交流やイノベーション創出の場となりそうです。

11Fイメージ※(仮称)横浜市旧市庁舎街区公式パンフレットより

BCP機能

・停電が発生した際、2回線受電により予備線への切り替え可能で業務継続ができます
・大地震や強風などの揺れを吸収する、高性能オイルダンパHiDAX-eが採用されています
・非常用発電機により全フロアの電力供給が可能です(72時間想定)
・基準階各フロアに防災備蓄用のテナント用多目的倉庫が設置されます

環境性能

昨今のオフィスビルでは設備の快適性だけではなく、環境への配慮やワーカーの健康性なども求められます。
当物件では、そんなニーズにも応えられるよう各種認証を取得しています。(一部取得予定)

※(仮称)横浜市旧市庁舎街区公式パンフレットより

横浜市旧市庁舎街区活用事業について

当物件は横浜市旧市庁舎街区活用事業の一環であり、こちらのオフィス区画について魅力をご紹介させていただきました。
しかし、そもそもこの事業についてはどのようなことが行われるのか?
オフィス以外に新しく何ができるのか?
ここからは当事業についてご紹介させていただきます。

プロジェクトの特徴

本プロジェクトは、関内駅前に位置する総延べ床面積約128,500m2の大規模ミクストユースプロジェクトです。
※ミクストユースとは土地や建物を「オフィス」「住宅」「商業施設」「ホテル」などの単一用途として開発するのではなく、複数の異なる用途を持たせて開発する事。

この街区には先述したオフィスビルだけでなく、新旧融合を特色に、歴史のある横浜市旧市庁舎行政棟を保存・活用し新たな商業施設やホテルも誕生します。

また、横浜スタジアム・横浜公園方面はデッキで繋がる予定で各駅と本プロジェクトの回遊性を高めます。

街区イメージズ※横浜市旧市庁舎街区活用事業ニュースリリースより

街区配置図及びデッキ導線図※横浜市旧市庁舎街区活用事業ニュースリリースより

ホテル

当街区には、国内リゾートホテル最大手の星野リゾートが開業予定です。
しかも、ホテルは旧市庁舎行政棟内にて開業されます。

ホテルイメージ※横浜市旧市庁舎街区活用事業ニュースリリースより

商業施設

当街区には2つの施設が誕生します。

●ライブビューイングアリーナ
街区の中心となるエリアには約3,000m2を誇る、日本初の常設型ライブビューイングアリーナが計画されています。
大迫力のスクリーンと高性能の音響設備を擁し、様々なスポーツのライブビューイングを楽しめるだけでなく、音楽や飲食等も一緒に楽しめる新たなエンターテインメント空間・体験を創出します。

●エデュテインメント施設
タワー棟の一角には、3フロアで構成される約6,800㎡のエデュテインメント施設を計画。
遊びとテクノロジーの融合で、楽しみながら心と身体の成長をサポートする新しい体験型施設を創出します。
※「エデュテイメント」とは、教育(エデュケーション)と娯楽(エンターテインメント)を組み合わせた造語。

ライブビューイングアリーナイメージ※横浜市旧市庁舎街区活用事業ニュースリリースより

物件概要

物件名:(仮称)横浜市旧市庁舎街区
所在地:神奈川県横浜市中区港町1-1-1ほか
最寄り駅:JR・地下鉄 関内駅 徒歩1分
竣工年月:2025年12月末(予定)
規模:地上33階 地下1階 搭屋2階
構造:鉄骨造、CFT造
基準階面積:12階・13階 約641坪 / 約2,118m2 14階~24階 約673坪~約675坪 / 約2,224m2~約2,232m2 
25階~33階 約705坪~約706坪 / 約2,331m2~2,334m2
貸室総面積:15,314坪 / 50,625m2
警備:機械警備
エレベーター数:19基 オフィスシャトル用5基(53人乗/基) 乗用4基×3バンク(24人乗/基) 非常用2基(36人乗・26人乗)
基準天井高:2,800mm
基準床荷重:500kg/m2 ヘビーデューティーゾーン:1,000kg/m2
空調 冷房: 個別空調 / 暖房: 個別空調

お問合せ

■お問合せ
株式会社クイックコンサルティング
取引態様:媒介 国土交通大臣(3)第7938号
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-8-16 ぶよおビル5階
八木 憲政
TEL:03-5201-8040
FAX:03-5201-8041
携帯:080-5681-4212

※お問い合わせの際は「オフィシルマガジンを見て」とお伝え下さい。

カテゴリ

最近の記事

人気の記事

タグ

オフィス環境 オフィスビル ベンチャー企業 オフィス不動産 賃貸オフィス スタートアップ企業 レンタルオフィス オフィス移転 賃貸契約 新築オフィスビル 新築ビル 内装工事 専門職 貸店舗 フリーランス ベンチャー企業経営者 レイアウト 個人事業主 oaフロア 新築オフィス sランクビル オフィス オフィス家具 オフィス訪問 新築 会議室 クリニック 居抜き エントランス 好アクセス 坪単価 交通利便性 soho フリーレント サービスオフィス 新大阪 diy 飲食店 美容室 クリエイティブ コスト削減 コミュニケーション活性化 スケルトン 原状回復 引越・移転 起業 コワーキングスペース 空室率 シェアオフィス ゾーニング
物件のお問い合わせ・相談無料
掲載物件数国内最大級のオフィシルへ
お気軽にお問い合わせください。
当サイトは空室情報を提供するサイトであり、貸主並びに管理窓口会社、入居テナント状況についてお答えしかねます。

オフィシルへの物件掲載は無料です。

不動産仲介会社・ビルオーナーの皆様へ。

物件掲載の申し込み
【officil(オフィシル)】は全国の賃貸オフィス・賃貸事務所を、独自の物件情報と写真から検索できる全国賃貸オフィス検索サイトです。オフィス移転に人気な東京都内の賃貸オフィスや名古屋・大阪・広島・福岡など主要都市の賃貸事務所をはじめ、国内最大規模の賃貸情報を掲載中。専任のオフィスコンサルタントが内見から契約までトータルにサポートします。オフィス移転を検討されてるお客様のご希望条件に合った、オフィス物件探しが可能です!