賃貸オフィスに破損が生じた際に生じる修繕義務について

閲覧数:4,016     2017年1月16日更新
カテゴリ: 不動産用語
賃貸オフィスの契約において、賃貸人が負うべき法的義務の一つに修繕義務というものがあります。これは賃借人がオフィスを快適に利用するために定められたものですが、場合によっては賃借人が修繕を負担しなくてはならないケースもあります。あとでトラブルにならないよう、初めてオフィスを構えるスタートアップ起業経営者がぜひ知っておきたい賃貸オフィス契約における修繕義務についてご紹介します。

賃貸オフィスにける賃貸人の修繕義務とは?

賃貸人は、建物が収益が可能な状態に維持するため、修繕する義務を負っており、これを修繕義務と呼んでいます。とはいえ、あらゆる瑕疵や破損を賃貸人が修繕するとなると、賃貸人にかかる負担は過大なものとなりますし、逆に賃貸人の修繕義務の適用範囲を狭くすると、それだけ賃借人への負担が大きくなります。さまざまな解釈が可能なため、不動産の賃貸契約において、この修繕義務に関するトラブルは多く、さまざまな判例があります。そのような面倒に巻き込まれないためにも、契約する時点で、修繕義務の範囲を明確化しておくことが大切です。

不可抗力によってオフィスが破損した場合は?

オフィスの破損は、賃貸人・賃借人いずれの責任の範囲外にある、不可抗力によって生じる場合があります。たとえば、地震や台風としった自然災害によって建物が破損してしまった場合が挙げられますが、これはオーナーによる修繕義務が適用されます。民法に定められる通り、たとえ天災であろうと、賃貸人には、建物を利益を上げられる状態で賃借人に提供する義務があるからです。ですが、契約書には、予測不可能な災害に際して賃貸人は責任を負わないと明記されていることが少なくありません。賃借人が修繕を負担してしまわないよう注意が必要です。

第三者によって損傷が加えられたら?

また、賃貸人・賃借人の過失でも、天災でもなく、第三者によって破損が生じる場合も考えられます。破損が故意による場合は、一般的には賃貸人がその破損を生じさせた第三者に対して損害賠償を起こし、第三者が修繕を負担することになり、賃借人に修繕義務は発生しません。ただし、たとえば道路に落ちていた石を第三者が運転する自動車がはね飛ばし、オフィスのガラス窓が割れるというような、第三者による過失がない場合、やはりオーナーが修繕を負担しなくてはなりません。この場合賃借人の責任が問われることはありません。

注意しておきたい「修繕特約」について

注意したいのが、修繕特約と呼ばれるものです。これは、原状回復と似ていますが、原状回復が物件を明け渡す際の特約であるのに対し、修繕特約は賃貸契約が進行中の場合の破損の修繕に関わるものとして区別できます。これは、本来修繕義務を負う賃貸人の責任を賃借人に転嫁させたものです。たとえば、契約書において、「賃借人は物件の損害について修繕義務を負う」とか、「クロス・カーペット・電球などの交換は、賃借人が負担する」という具合に規定されている場合が当てはまります。ただし仮に契約書にそのように明記されているからといって、すべての破損の修繕義務を賃借人が負うわけではなく、通常利用による破損を超える部分の修繕義務はないとする判例が多く出されています。
賃貸オフィスの契約における修繕義務について簡単にご紹介してきました。基本的には賃貸物件の修繕義務を負うのは賃貸人です。もし万が一、修繕特約が定められ、賃貸人が修繕義務を負わない場合であっても、必ずしも賃借人にそのまま義務が転嫁されるわけではありません。少ないコストで済む修繕のみ義務づけられ、大規模な修繕を負わなくてよいとされるが一般的です。その意味で修繕義務とは、賃借人を守るためにあるといえるでしょう。
賃貸オフィス総合情報サイト「 officil 《オフィシル》」は、都内ビル物件情報の掲載数はNo.1!
移転するとお祝い金進呈! · ご成約するまで完全無料! · 実績多数のスピード対応!

カテゴリ

最近の記事

人気の記事

タグ

オフィス環境 オフィスビル ベンチャー企業 オフィス不動産 賃貸オフィス スタートアップ企業 レンタルオフィス オフィス移転 賃貸契約 内装工事 専門職 フリーランス 貸店舗 レイアウト ベンチャー企業経営者 新築オフィスビル 個人事業主 oaフロア 新築ビル 新築オフィス オフィス オフィス訪問 オフィス家具 会議室 新築 居抜き クリニック エントランス 好アクセス 美容室 飲食店 坪単価 コスト削減 新大阪 交通利便性 soho フリーレント sランクビル クリエイティブ コミュニケーション活性化 diy スケルトン 空室率 引越・移転 原状回復 セキュリティ シェアオフィス コワーキングスペース 起業 ゾーニング
物件のお問い合わせ・相談無料
掲載物件数国内最大級のオフィシルへ
お気軽にお問い合わせください。
当サイトは空室情報を提供するサイトであり、貸主並びに管理窓口会社、入居テナント状況についてお答えしかねます。

オフィシルへの物件掲載は無料です。

不動産仲介会社・ビルオーナーの皆様へ。

物件掲載の申し込み
【officil(オフィシル)】は全国の賃貸オフィス・賃貸事務所を、独自の物件情報と写真から検索できる全国賃貸オフィス検索サイトです。オフィス移転に人気な東京都内の賃貸オフィスや名古屋・大阪・広島・福岡など主要都市の賃貸事務所をはじめ、国内最大規模の賃貸情報を掲載中。専任のオフィスコンサルタントが内見から契約までトータルにサポートします。オフィス移転を検討されてるお客様のご希望条件に合った、オフィス物件探しが可能です!