作業効率が上がるレイアウトとは?

閲覧数:1,650     2017年10月18日更新
カテゴリ: 内装・レイアウト

作業効率が上がるレイアウト

オフィスのレイアウトを考える時の最優先事項といってもいいのが、作業効率ではないでしょうか。作業効率の向上は人件費削減にも繋がる重要な要素です。
どのような事に注意すれば、作業効率のよいレイアウトを作ることができるのでしょうか。

動線を考えた配置

どのようなオフィスであっても必ず動線があります。オフィスの入口からデスクへの動線、デスクから給湯室やコピー機などへの動線などを意識して配置をしましょう。
動線を途中で遮ってしまうと余計な動作や、遠回りをしなくてはなりません。それはちょっとしたことに思えるかもしれません。ですがこの”ちょっと”が毎日…毎回…の事となると無視できない余計な時間や作業になります。
作業効率を考えるのであれば、動線を最短で確保することを優先させた配置にしましょう。

通路にはゆとりを

デスクの横や後ろの通路のスペースにはゆとりを持たせましょう。デスクの椅子から誰かが立ち上がっても通路のスペースが確保されているのが最低条件です。
デスクから立ち上がったら通路が塞がれるということは、誰かが動けば他の誰かの動きが妨げられるということです。
スムーズに移動できる通路スペースは作業効率にも繋がりますし、接触して物を落としたり壊したりする余計なロスを防ぐこともできます。

デザイン性より環境向上を優先!窓の位置にも注意が必要

最近のおしゃれなオフィスでは、デザイン性がかなり重視されています。もちろん、おしゃれでデザイン性が高いオフィスは志気の向上にも繋がりますから悪いことではありません。
ですが、デザイン性=オフィス環境に結びつかない事も多々あります。そのようなときは迷わず作業効率のためのオフィス環境整備を優先させましょう。
あるオフィスでデザイン性を重視してブラインドを設置しなかったところ、オフィスに日光が差し込んで作業効率が低下したという事例がありました。
レイアウトというとついデスクや書棚の配置に気を取られてしまいますが、窓の位置や向きにも心を配りましょう。

エアコンの位置などにも注意

先ほどご紹介した動線確保や通路スペースの確保だけでなく、室内の温度や湿度なども作業効率を左右する要素です。
エアコンが直接あたる位置とそうでない位置では、快適さが異なります。デスクの配置をする際にはエアコンの位置にも注意しましょう。
作業効率が上がるオフィスのレイアウトとは、動線の確保や通路スペースの確保が重要ポイントとなります。加えて、外からの日光や室内温度なども作業効率を左右しますので、窓の向きやエアコンの位置などにも配慮したレイアウトをするように心がけましょう。

カテゴリ

最近の記事

人気の記事

タグ

オフィス環境 オフィスビル ベンチャー企業 オフィス不動産 賃貸オフィス スタートアップ企業 レンタルオフィス オフィス移転 賃貸契約 内装工事 専門職 フリーランス 貸店舗 レイアウト ベンチャー企業経営者 新築オフィスビル 個人事業主 oaフロア 新築ビル 新築オフィス オフィス オフィス訪問 オフィス家具 会議室 新築 居抜き クリニック エントランス 好アクセス 美容室 飲食店 坪単価 コスト削減 新大阪 交通利便性 soho フリーレント sランクビル クリエイティブ コミュニケーション活性化 diy スケルトン 空室率 引越・移転 原状回復 セキュリティ シェアオフィス コワーキングスペース 起業 ゾーニング
物件のお問い合わせ・相談無料
掲載物件数国内最大級のオフィシルへ
お気軽にお問い合わせください。
当サイトは空室情報を提供するサイトであり、貸主並びに管理窓口会社、入居テナント状況についてお答えしかねます。

オフィシルへの物件掲載は無料です。

不動産仲介会社・ビルオーナーの皆様へ。

物件掲載の申し込み
【officil(オフィシル)】は全国の賃貸オフィス・賃貸事務所を、独自の物件情報と写真から検索できる全国賃貸オフィス検索サイトです。オフィス移転に人気な東京都内の賃貸オフィスや名古屋・大阪・広島・福岡など主要都市の賃貸事務所をはじめ、国内最大規模の賃貸情報を掲載中。専任のオフィスコンサルタントが内見から契約までトータルにサポートします。オフィス移転を検討されてるお客様のご希望条件に合った、オフィス物件探しが可能です!