地震に備えたオフィス:新耐震基準と旧耐震基準

閲覧数:2,752     更新 2018年4月26日更新

地震大国日本のオフィスビル

オフィスビルや不動産に対して日本の法律は耐震強度を求めています。この耐震強度について時代によって変遷しています。それが新耐震、旧耐震と区別される由縁です。
新耐震基準かどうかは、建築基準法が改正された1981年6月1日以降に建築確認がなされたものが新耐震基準適応不動産になります。

日本が耐震を考え始めたきっかけは?

耐震構造を日本が考え始めたきっかけは古く、1891年の濃尾地震です。この地震をきっかけに耐震構造への本格的な調査研究が始まりました。そして1923年には内藤多仲が日本独自の耐震構造を発表した。この耐震構造は翌年発生した関東大震災により内藤多仲設計の日本興業銀行に被害が及ばなかったという実績で示されました。
このことをから1924年に市街地建築物法が制定され世界初の耐震規定が法律で定められました。

新耐震とその後

日本初の耐震規定から戦後社会的安定の後、1950年建築基準法が制定され、1981年改正され新耐震基準での建築物が多くなりました。東日本大震災が発生し、オフィスビルに制震構造、免震構造という付加価値をつけて地震への対策を強くしていく流れになっています。地震対策も考えたオフィス選びなら、ぜひオフィシルで。

カテゴリ

最近の記事

人気の記事

タグ

オフィス環境 オフィスビル ベンチャー企業 オフィス不動産 賃貸オフィス スタートアップ企業 レンタルオフィス オフィス移転 賃貸契約 新築オフィスビル 新築ビル 内装工事 専門職 貸店舗 フリーランス ベンチャー企業経営者 レイアウト 個人事業主 新築オフィス oaフロア sランクビル オフィス オフィス家具 オフィス訪問 新築 会議室 クリニック 居抜き エントランス 好アクセス 坪単価 交通利便性 soho フリーレント サービスオフィス 新大阪 diy 飲食店 美容室 クリエイティブ コスト削減 コミュニケーション活性化 スケルトン 原状回復 引越・移転 起業 コワーキングスペース 空室率 シェアオフィス ゾーニング
物件のお問い合わせ・相談無料
掲載物件数国内最大級のオフィシルへ
お気軽にお問い合わせください。
当サイトは空室情報を提供するサイトであり、貸主並びに管理窓口会社、入居テナント状況についてお答えしかねます。

オフィシルへの物件掲載は無料です。

不動産仲介会社・ビルオーナーの皆様へ。

物件掲載の申し込み
【officil(オフィシル)】は全国の賃貸オフィス・賃貸事務所を、独自の物件情報と写真から検索できる全国賃貸オフィス検索サイトです。オフィス移転に人気な東京都内の賃貸オフィスや名古屋・大阪・広島・福岡など主要都市の賃貸事務所をはじめ、国内最大規模の賃貸情報を掲載中。専任のオフィスコンサルタントが内見から契約までトータルにサポートします。オフィス移転を検討されてるお客様のご希望条件に合った、オフィス物件探しが可能です!